×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本当は女性は働きつづけたい

日本の女性の雇用状況を表すM字曲線と比較して、保育施設の進んでいる北欧諸国などでは、情勢の雇用状況はM字型の落ち込みは見られず台形のカーブを描いています。この台形のカーブは、日本の男性の雇用状況を表すカーブと等しいものです。

女性の雇用状況はM字型のカーブとなり、男性の雇用状況は台形カーブとなる雇用の現状は、出産・子育ての負担が女性側に多くかかっていて、女性の雇用問題を解決する妨げになっていることを表すといっていいでしょう。

子育ての問題は各家庭の事情もあることなので、容易に踏み込むべき領域ではないのですが、ひとつだけ確実にいえるのは、雇用され働き続けたい意思を持っている女性は多いということであり、女性が雇用の場を放棄しているわけではないということです。

このことは、現状、M字曲線を描いている女性労働者の年齢階層別の労働力率に、就業希望者を加味して労働力率を出した場合、潜在的労働力率は、台形カーブに近づくことから証明されています。

女性に働き続けたいという意思がある限り、出産・育児と両立できるような雇用の場が与えられれば、北欧諸国と同様に、女性の労働力率も台形カーブに近づくことが予想されるのです。


女性の雇用問題考察
本当は女性は働きつづけたい
女性の雇用状況の改善への願い
スキルアップコーナー
格安のExcel(エクセル)の講座
Excel(エクセル)講座の内容
リンク
リンク集1

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

女性の雇用問題についての現状を考える トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加