×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本サイトについて

改正男女雇用機会均等法等が平成19年4月1日から施行されましたが、女性の雇用問題がいい方向に向かっているのでしょうか?女性雇用管理基本調査などのデータを元に女性の雇用を考えます。

女性の雇用問題とM字型曲線

日本の女性の雇用問題に関して、それを特徴的にあらわしているのが、M字型曲線です。

M字型曲線というのは、女性労働者の年齢階層別の労働力率(15歳以上人口に占める労働力人口の割合)をグラフに表したもので、女性の雇用状況を視覚的に把握するのに役立つ資料といえます。

日本の女性の労働力率は、学校卒業後20歳代でピークを迎え、出産・育児期にあたる30代前半で急激に下降し、40歳代で第二のピークを迎えます。つまり女性の雇用の状態は、M字カーブ描いている。この特徴からM字型曲線と呼ばれるわけですが、これは日本や韓国などに独特な女性の雇用状況の現れです。

この文章を読んでいる方が女性なら、今おかれている自分の状況や、回りの女性たちの状況を重ね合わせて、このような女性の雇用状況に納得する方も多いのではないでしょうか。要するに、働きたくても働けない雇用問題の悩みを抱えているのは、自分ひとりに限ったことではないということなのです。それを、M字曲線が証明しているのです。

もし、働くのを断念して子育てをしてるのなら、子育てと両立できず雇用の場を失いそうで悩んでいるなら、それはあなた一人のことだけじゃないのです。

本当は女性は働きつづけたい

日本の女性の雇用状況を表すM字曲線と比較して、保育施設の進んでいる北欧諸国などでは、情勢の雇用状況はM字型の落ち込みは見られず台形のカーブを描いています。この台形のカーブは、日本の男性の雇用状況を表すカーブと等しいものです。

女性の雇用状況はM字型のカーブとなり、男性の雇用状況は台形カーブとなる雇用の現状は、出産・子育ての負担が女性側に多くかかっていて、女性の雇用問題を解決する妨げになっていることを表すといっていいでしょう。

子育ての問題は各家庭の事情もあることなので、容易に踏み込むべき領域ではないのですが、ひとつだけ確実にいえるのは、雇用され働き続けたい意思を持っている女性は多いということであり、女性が雇用の場を放棄しているわけではないということです。

このことは、現状、M字曲線を描いている女性労働者の年齢階層別の労働力率に、就業希望者を加味して労働力率を出した場合、潜在的労働力率は、台形カーブに近づくことから証明されています。

女性に働き続けたいという意思がある限り、出産・育児と両立できるような雇用の場が与えられれば、北欧諸国と同様に、女性の労働力率も台形カーブに近づくことが予想されるのです。

女性の雇用問題考察
本当は女性は働きつづけたい
女性の雇用状況の改善への願い
リンク
リンク集1

運営者情報

【運営者情報】
働く女性を応援するための情報サイトです。
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加